文化祭でのチームTシャツのメリット

チームTシャツのデザインと素材について

2016年11月15日 18時48分

文化祭や学園祭の際にクラスでチームTシャツを作るとなった場合、やはり最も気になるのはデザインなのではないでしょうか?いくらみんなと一緒だといっても、あまり変なデザインのTシャツは着たくないという方もいらっしゃるのではないかと思います。それと同時に、Tシャツを作る際にはその素材にもこだわっていきたいものです。
 
それでは、チームTシャツのデザインはどのように決めるのが良いのでしょうか?文化祭はみんなでわいわいするのが楽しい、という方は、みんなでデザインを決めていくのが良いのではないかと思います。また、その団体の中にデザインの得意な方がいる場合は、その方にみんなの着るTシャツのデザインを一任してしまうのもよいのではないでしょうか?
 
デザインだけではなく、Tシャツの色を変えるだけでもだいぶイメージが変わってきます。せっかくみんなで楽しむことのできる文化祭ですので、みんなの意見を取り入れつつデザインの得意な方がそれを形にするというスタイルが良いのではないかと思います。そうすることによって、全員が文化祭前から文化祭に参加できるのではないでしょうか?
 
Tシャツを作る際には、その価格も気になるところでしょう。Tシャツにもさまざまな種類がありますが、よい素材を使った場合はその分値段が高くなってしまいますし、安い素材を使えばコストを抑えることができます。どうせならよい素材を使いたいという方も多いと思いますが、そうなると総額が高くなるのでよく考えなければなりません。
 
素材については、本当に文化祭で1回しか着用しないのであれば、最も安いものを使うのもよいのではないかと思います。ただし、安い素材はすぐにヨレヨレになってしまうことが多いため、激しく動いたり洗濯をしたりすると伸びてしまうことが多いです。もちろん1回や2回でダメになることはないでしょうが、長期的に着ることは難しいです。
 
文化祭でも着ていたTシャツを日常生活でも着たいという場合は、やはり耐久性の高い素材を使う方よいでしょう。上に述べた理由で、安い素材は長期的に着続けることが難しいです。文化祭だけではなくそれ以降も普段着として利用したいという場合は、耐久性に優れた素材のTシャツを選ぶようにしましょう。